スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ。真面目な話も含んでいたりいなかったり。

 引きこもってる時こそ顔とか髪とかちゃんと気を使っておくべきじゃね?積み重ねるべきじゃね?と思ったんですが結局めんどくさいんですよね。
 そんな感じのミアです。
 今週の月曜日に、無事にギプスは外れました…っていうかはずしてもらいました、わがまま言って。だって重いし、松葉杖のせいで何度も転ぶし、逆に悪化させそうなんだもん。。松葉杖も、せめて片方にしてくれってわがまま言ったんですが、そこまではさすがにダメでした。とりあえず両方持っていけ、と。。大丈夫そうなら片松葉でもいいから、とりあえず両方持っていきなさい、と。。なので、まだまだ松葉ちゃんとは長い付き合いになりそうです。12月のGARNET CROWの発売記念イベントまでにはどうにかこうにか普通に歩けるようになってると嬉しいんですが……。っていうか内定先の研修、松葉持参とかすっごい面倒なんで嫌なんですけどww

 ※以下ちょっと身勝手な意見入りまーす。
 ※以下ただの愚痴だったりしまーす。
 ※以下まったく文章まとまってませーん。
 ※以下イカ烏賊。←意味はありませーん。

 さて。そんな感じで、今週の月曜日が、松葉杖になってから初めての学校でした。(先週の月曜日の授業後に松葉杖生活が始まり、その後バイトにしか行っていないので)
 押したり引いたりして空ける扉、まぁ寮のほぼすべての扉がそれで大分苦労はしてるんですけど、それがやっぱり大変ですね。特に学校のは部屋の扉に比べて重いので、両手ふさがってると開けらんないんですよね。2限の授業の教室の扉がそういう扉だったんですけど、入る時に私のすぐ前にいた女の子、自分が入ったと同時にパッと手離したんですよ。まぁごく自然な動作ですよね。何の問題もない。ですけど、私すぐ後ろにいたんですよ、松葉杖カチャカチャ音させながら移動して。押して入っていたので、扉は自然と自分の方に戻ってきますよね。…案の定身体だけだと、扉を支えるだけで精一杯でした。そのあとの「開ける」っていう動作はできなかった……。後ろにいた女の子が手を伸ばして開けてくれたので助かったんですが、扉重くて倒れるかと思った。。元をたどれば、私がこういう状況になったのが悪いので自己責任ですけど、正直、少し周り見てほしいなぁって思いました。せめて、松葉杖の音してるんだから気が付いてほしいなぁ、と。

 あと、駅で電車待ってる間にベンチに座ろうとしたんですが、普通に座っても3人は座れるベンチに、男の人(多分寮の近くの大学の学生さん?)が1人座ってたんですね。で、真ん中空けて端っこに座ろうとしたんですが、なんとその人。自分の大きなリュックをそこにドーンと置いてたんですよ。(座ろうと思った時点で私からリュックは見えてなかった)3人掛けのベンチを1人と荷物で使い切るってどういうこと?っていう…。その人、音楽聴いてたみたいでイヤホンしてるし、スマホかケータイかいじってて下向いてるから気がついてくれないし…。地元と違って割とすぐ電車来たので別にいいか、って許すことにしたんですけど、ぶっちゃけこっちで6分待ちって長いし、立っぱって左足の方がつらくなるんですけど…。
 あぁ、でもその人のこと、私許してないです。車内でその人、優先席もそんな感じで座ってケータイかな?やっぱりいじってました。せめて優先席ではケータイしまっておくべきじゃね、体裁的でいいから。そんなに混んでる車内じゃなかったんですけど、途中で優先席座りたいなっていう方が乗ってきたらその人どうするつもりだったんだろう……。その人の育ちとか人格とか、根本的なところまで疑ってしまいました。もしかしたら本当はいい人なのかもしれないけど、少なくとも私にとってはそう映らなかった……。先週、駅のエレベーターに乗り合わせた金髪と紫メッシュの、いかにもバンドやってますっていうパンク系な一見ちょっと怖い兄ちゃんの方が、「開」のボタンずっと押しててくれたし断然いい人だったわ。
 人間見た目じゃないっていうけど、半分納得した。見た目、の定義っていうかラインがどの辺なのかにもよるけど。一見チャラそうな、怖そうなパンク系の兄ちゃんと普通の大学生っていうだけの見た目じゃ、人間判断できないなって思いました。行動、は見た目にはいらないのかしら?なら、この言葉全面的に支持できる。

 あと、これも今週の月曜日の話なんですけど、バイトに行く時に、駅の改札からホームにいくエレベーターに乗ってたんですね。その駅が、乗り換えの出来る、他の路線もある駅で、結構利用者多いんですよ。で、そのエレベーターで、制服着て黒いランドセル背負った、私立の小学生の女の子5~6人と乗り合わせたんですね。あまり広いエレベーターでもなかったので、結構キツキツだったんですけど。で、そのエレベーター、ちょっと近未来的でガラス張りなんですよ。外の様子が見えますっていう。ホームに着く時、そのホームに各駅停車の電車が来てたんですね。私もそれに乗ろうとしてたんですけど、その女の子たちもそれに乗りたかったみたいで。エレベーターのドアが開くなり私を押しのけて走って乗ってったんですよ。……情けないかな、小学生にちょっと押されただけでド派手に倒れましたよね。松葉杖でちょっとバランス崩れた時の、立て直し方がまだ分かってないので。ま、もちろん彼女らは私を気にすることもなく。電車は発車し。部屋で水の入ったポット抱えたまま転んで部屋水浸しにした時と似たような絶望感を覚えました。と同時に、すごく腹立たしくて、大人気もなく彼女らをにらんでたと思います。ホームから改札に行こうと、そのエレベーターの前にいた人たちの中の一人の、手を貸してくれたおばさんが「なんなのあの子たち!」と呟いてましたが、まさに私もそんな気分でした。おばさんありがとう。
 折角、私立のいい小学校に通ってるの(だろう)に、なんだか残念だなぁと思いました。私のバイト先の生徒たちには、絶対にそういう子になってほしくない。
 パピにこの話をしたところ、そういうところに通ってる=過保護=甘やかされて育った っていう偏見持っちゃうよね、という話になりました。なるほど、そっちにも捉えられるのか。

 こういう経験を通じて、世の中冷たいなって思うと同時に、怖くなりました。自分の普段の行動が、はたして何人の人を不快にしてきたんだろうか、と。そして育ちを疑われ人格を疑われたのだろうかと。治ったら、気をつけるようにします。彼らを反面教師にして。私、自分で言うのもアレなんですけど、育ちは悪くないと思うし、むしろいい方だとは思うんですよね。母はわりかしそういう躾とかっていう部分に厳しい人だったので。どーしてこうも口が悪くなってしまったのかわからない。。今後、その辺も気をつけて、母の顔に泥を塗らないようにしたいと思いますww



 もちろん、逆のパターンもたくさん経験させていただきました。世の中温かいな、って思えるバージョン。

 まぁまた月曜日の話なんですが、ドアノブをひねって押したり引いたりして開ける扉のあるところに行きまして。今度は自分の方に引いて開けなきゃならないので、前に入ろうとしている子の後ろにいたんですが(便乗できるから)案の定また手を離されてしまいまして。とりあえず扉は抑えられたんですが以下略。そしたら、後ろにいたお兄さん(何年生なんだろう。。)が抑えてくれまして。助かりました。

 それと、3限の授業が、エレベーターのない号館で、地下の教室だったんですよ。階段下りるのは別にまぁ大丈夫なんですけど、上るのがつらくて。。で、その授業、後輩2人と同じ授業なんですが、授業後、階段を上る時に、いつも隣に座ってくれる後輩が
 「荷物持ちますよ」
 って言ってくれて。松葉杖片方持ってもらい、片松葉で階段上りました。
 「そっちの荷物も持ちますよ!」
 とも言ってくれたのに、意地張って、大丈夫だよー^^って言った私は甘え下手。素直に甘えとけばよかったのかしら?
 その後もう一人の後輩ちゃんも合流し3人で移動ー。
 で、その授業、席によっては建物の外の階段一つだけで済むんですけど、私目が悪くてスライド見えなくて、いつも前の方座るんですよ。で、まぁその日も例に漏れず。教室内の階段もあるので、階段二つという、ね。建物の外に出て、もう一つの階段が待ち構えてて、しんどいなぁ、と思った瞬間、
 後輩「そっちのエレベーター使って上がるっていうのも手ですよね」
 ……∑(゜◇゜)
 その号館の向かい側にある方の号館にはエレベーターがあり、その場所からすぐのところだったんですよ。もう…後輩たちが頭良すぎてどうしよう。
 そんなこんなで無事地上にあがることができ、一人は4限の授業へ、もう一人の後輩ちゃんと私で駅に一緒に帰りました。ホントに助かった。こんな先輩のために、ありがたい話です(感涙

 余談だけど、途中会った同輩のドライな反応が好きすぎたwwww
 同輩「ミアどうしたー足ー?!」
 私 「あぁ、靭帯の方傷めちゃって。骨じゃないよー」(骨折だとばかり思われるので)
 同輩「ふーん。」
 後輩たち「先輩www反応www」
 同輩「いや、骨じゃないならいいやーって思って」
 ……素敵でしたwwww 大好きですこういうドライな対応wwwww

 あと、同じ日の夜、駅でエレベーター使おうとそっちに向かって移動してる時、エレベーターの前ですれ違った中年くらいのご夫婦が、わざわざちょっと引き返してドアを抑えてくださったのはありがたかったです。
 奥さん「ごめんなさいね、気がつかなくて。気をつけて」
 いやいやいやいや、謝らないでください。ホントありがとうございます。

 一緒に駅まで帰った後輩ちゃんの、
 「この学校全然バリアフリーじゃないですよね!」
 という言葉に激しく同意しました。あの扉はつらすぎる。せめて重さ半減させてくれww 防音とか意識してるのかもしれないけど重さどうにかしてくれww
 
 それと、学生寮という環境特権を利用して、パピにお買い物を手伝っていただきました。わざわざ呼び出してごめん。両手ふさがってるので、籠とか持ちにくいし、あんまり重い物持つと、身体にその重さが加わって移動が大変になるんですよね。で、彼女普段から重い物持ち慣れてるので、ちょっとお願いしました。カルピスの原液と牛乳1リットル+α+β+γ……の重さをお願いしました。案の定「軽い」って言ってのけました。何なのこの子怖いw
 ついでに夕飯も買って帰って、その後、彼女の部屋で久しぶりに夜更かししました。いや、夜更かしは久しぶりじゃないですけどねww 彼女としてもいい気分転換になってたらしく、久しぶりに2人でニコ動みて爆笑してました。パピさん、今度ラーメンズのDVDとか見ようよ爆笑しようよwww
 ホント彼女といると思いますけど、適材適所って言葉を痛感します。料理はもらうし、荷物もちお願いしちゃうし、衣裳作成の助っ人お願いしちゃうし、突っ込みもらうし(←)。でもその分、画材とかイラストとかネタ(←)とかパピの冷蔵庫処理班として役には立ててるのかなぁ、なんて。人間やっぱ適材適所、向き不向きありますよね!!ww



 ……長っ!この記事長っ!!!!wwwww
 まぁそんなこんなで、世の中冷たいなって話と温かいなって話でした。イベントや研修の時にまだ松葉とか、一生歩けなくなったりするのも嫌なので、ちゃんと安静にしておこうと思います、自主休講して←
 ……なかなか頼るとか甘えるとかできないんですけどね、その辺もちょっとずつ頑張ります。これでも私、相当頑張ってるよ。……こういうことができる人を彼氏にしたいwww 

 では。とりあえず安静にしながら卒論頑張ります。文系の特権:部屋で卒論ができる。
 それでは。ここまで読めたあなたは勇者。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

魚住 ミア

Author:魚住 ミア
名探偵コナン・GARNET CROWが大好きな魚住ミアの、こじれた思考回路からあふれ出す言葉とネタに塗れた何でもない日常。不器用に、生きています。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
TOEICボキャドリル
START!をクリックすると始まります。正しいと思うものをクリックして進めてください。暇つぶしにどうぞw

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。